スライスを直すなら左一軸打法がいいですよ。

ゴルフでスライスに悩んでいる方って多いですよね。
真っすぐ飛ばしたいのにスライスでフェアウェイキープができなかったり、
ちょっとかっこ悪いと思ったことありませんか。


ゴルフでスライスする原因はいくつかあります。
>新左一軸ゴルフ上達プログラムはこちら<

背筋がまっすぐでない、右膝が前に出ている、テークバックで右肘が開いているなど、
安定せず、軸のぶれてしまう打法にあるんです。


このような問題を解決できるとしたら、左一軸打法がいいようです。

>新左一軸ゴルフ上達プログラムはこちら<


この打法は、思った方向に飛び、飛距離が出るようになるのです。


いつも同じスイングが出来るようになり、腰や手首などの体に負担がかからない、
真っすぐに飛ばせるボディスイング理論に基づいた打法です。


回転ではなく捻転であり、積極的に動かす部分と動かさずにいる部分の理解ができ、
まっすぐ飛ばせるメリットが確立されています。


真っすぐな打球が安定して打てると、コースによって思った通りボールが飛ぶように
なりますので、フェアウェイをキープでき、スコアアップにつながります。


このような理由から、ボディスイング理論は理想のスイングとよばれています。

>新左一軸ゴルフ上達プログラムはこちら<


今では、世界のトッププレーヤーがこの打法を取り入れ始めています。


このような理想のスイングがたやすく習得できないなどと諦めないで下さい。


確実に、また最短で習得できるマニュアルがあるのす。
ぜひこれを参考にしてください。


>新左一軸ゴルフ上達プログラムはこちら<










ゴルフアプローチ | スライスを直す | ドライバーの打ち方 | アイアンの飛距離をのばす | ドライバーの飛距離 | 中古のゴルフクラブ

代表的なギャグ